--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad2販売台数(アイパッド2販売台数)iPad2(アイパッド2)、第1世代iPad(アイパッド)よりもうまく売れる?

2011年04月14日 09:00

iPad2(アイパッド2)、第1世代iPad(アイパッド)よりもうまく売れる?
iPad2販売台数(アイパッド2販売台数)が700万台を記録!?


iPad2(アイパッド2)の初期の需要が第1世代iPad(アイパッド)に比べて40%ほど多いことが調査されたという発表が出て人目を引く。

ipad2販売台数(アイパッド2販売台数)iPad2(アイパッド2)、第1世代iPad(アイパッド)よりもうまく売れる?1 
iPad2販売台数(アイパッド2販売台数)が700万台を記録!?


米国の市場調査機関チェンジウェーブ(ChangeWave)の報告書によれば、3月14日から23日までに2000人を対象に調査した結果、回答者のうち28%が近いうちにiPad2(アイパッド2)を購入する意向があると答えた。

これらの回答を詳しく見てみると10%は"非常に可能性が高い(very likely)"と答えており、18%は"やや可能性がある(somewhat likely)"と答えたことが分かった。

このような消費者の反応は、昨年5月に実施された第1世代iPad(アイパッド)の調査結果と比較される。

当時の調査参加者のうち20%が第1世代iPad(アイパッド)を購入する意向があると答えた。

この中で、7%だけが(購入する可能性が)、"非常に高い"と明らかにし、13%が"やや可能性がある"と答えたことがある。



ipad2販売台数(アイパッド2販売台数)iPad2(アイパッド2)、第1世代iPad(アイパッド)よりもうまく売れる?2 
iPad2画像(アイパッド2画像)


このレポートでは、オリジナルの第1世代iPad(アイパッド)発売(リリース)時よりもiPad2(アイパッド2)の購入意向が高い理由について、個別に言及はしなかったが、ITメディアのエレクトロニスター(electronista.com)は、新製品の機能強化と技術への信頼などを理由に挙げた。

実際にiPad2(アイパッド2)は、前の1世代iPad(アイパッド)よりも速度が2倍ほど早くなり、グラフィック処理能力は9倍に向上した。

それにも第1世代iPad(アイパッド)と同価格で発売されたということも大きな強みの一つだ。

また、ホワイト、ブラックの2種類の色で発売され、消費者に選択権を広げたし、省電力機能を兼ねたアクセサリー『スマートカバー:Smart Cover』も魅力的な購入要因である。
 

ipad2販売台数(アイパッド2販売台数)iPad2(アイパッド2)、第1世代iPad(アイパッド)よりもうまく売れる?3 
iPad2(アイパッド2)アクセサリー:スマートカバー画像:Smart Cover画像


一方、これらのレポートには、RBCキャピタルのアナリスト、マイクアブスキーが発表した内容を引用し、3月のiPad2(アイパッド2)販売台数が700万台を記録するものと見込んだ。

第1世代iPad(アイパッド)の場合は、同様の期間の最初の販売台数が4〜500万台が売れたという。

投資会社の中で最も悲観的な観測は、Ticonderoga Securitiesとバーンスタインリサーチ(Bernstein Research)が出した。

これらの投資会社はiPad2(アイパッド2)初期の販売台数を513万台と予想した。ガベルリーのHendi Susantoは880万台が売れていくものと予測し、最も楽観的な見通しを出した。

iPad5最新情報

 

iPad Mini2最新情報

 

iPadアプリ

 

新しいiPad(New iPad)情報

 

iPad3(アイパッド3)情報

 

iPad Mini(アイパッドミニ)情報

 

iPad2(アイパッド2)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipad2japan.blog60.fc2.com/tb.php/12-5bf76e2f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。