--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad3発売日をApple(アップル)iPad3(アイパッド3)CPU(AP)量産時点で予測が可能?

2012年01月10日 21:21

iPad3発売日をApple(アップル)iPad3(アイパッド3)CPU(AP)量産時点で予測が可能?
Apple部品メーカーの情報でiPad3発売日とiPad3仕様&iPad3デザインなどを予想!
 iPad3発売日をApple(アップル)iPad3(アイパッド3)CPU(AP)量産時点で予測が可能?1
iPad3発売日をApple iPad3CPU(AP)量産時点で予測が可能?

iPad3発売日が近づくと、iPad3を置いて、いろいろ噂があふれ出ている。

Apple(アップル)は新製品を出す前に徹底的に情報を制御する。

このため、iPad3発売時期はもちろん、具体的なiPad3仕様やiPad3デザイン、iPad3価格などを正確に予測することは事実上難しい。

もちろん、ある程度の予想は可能である。 Apple部品メーカーの情報でiPad3発売日とiPad3仕様&iPad3デザインなどを大まかに予想できるからだ。

この中でも脳の役割を担うiPad3CPUつまり、アプリケーションプロセッサ(AP)は90%以上の確率で予想が可能だ。

iPad3CPU(アプリケーションプロセッサ、AP)は、クワッドコアがほぼ確実と見られる。

iPad3発売日をApple(アップル)iPad3(アイパッド3)CPU(AP)量産時点で予測が可能?4
Apple部品メーカーの情報でiPad3発売日とiPad3仕様&iPad3デザインなどを予想できる
iPad3CPU(アプリケーションプロセッサ、AP)はクワッドコアがほぼ確実

Apple(アップル)はこれまでリリースしたiPhone(アイフォン)と&iPad(アイパッド)に新しいCPU(アプリケーションプロセッサ、AP)を適用させてきた。

実際にiPad(アイパッド)が初めて出た時、適用されたAPは、2008年に買収した半導体設計会社が製作したA4で、iPhone4にそのまま使われた。

iPhone4(アイフォン4)以降発売されたiPad2(アイパッド2)は、新しいA5を適用し、デュアルコアの1GHzのクロ​​ックをサポートしている。


iPad3発売日、iPad3CPU量産時点で予測が可能?

iPad3発売日をApple(アップル)iPad3(アイパッド3)CPU(AP)量産時点で予測が可能?2 
iPad3CPU量産時点でiPad3発売日がいつになるか推測が可能

iPad3CPU(アプリケーションプロセッサ、AP)の量産開始時期を考慮するとiPad3発売日がいつになるか推測が可能だ。

2011年9月、ロイターとチャイナエコノミックニュースは、台湾の半導体受託生産会社TSMCがiPad3発売に合わせて、28ナノA6を2012年第2四半期に量産すると伝えた。

台湾のIT媒体DIGITIMESは、TSMCの研究開発部の関係者の話として、28ナノ半導体の生産を最大限に稼働できるように、十分な受注を受け、これを利用したプロセッサを2012年初頭から量産が可能だと伝えた。

サムスン電子も、iPad3CPU(アプリケーションプロセッサ、AP)になるA6生産に参加するものと見られる。

TSMCがApple(アップル)のAP(アプリケーションプロセッサ)のすべてを生産することは不可能で、サムスン電子はすでにiPhone3GS(アイフォンGS)、iPad(アイパッド)、iPhone4(アイフォン4)に適用されたAPを生産しているからだ。

Appleが適切な時期にiPad3発売をするには、サムスン電子の助けが必要なのが事実だ。

実際に海外メディアを通して、サムスン電子が米オースティンの製造工場でA6を生産すると伝えられたことがある。

A6は、サムスン電子の28ナノプロセス技術を活用する予定だが、このままではExynos5250で若干の設計変更で披露することもできる。

iPad3発売日をApple(アップル)iPad3(アイパッド3)CPU(AP)量産時点で予測が可能?3
iPad3CPUつまり、アプリケーションプロセッサ(AP)供給時期によって、iPad3発売時期とiPad3発売日が確定される

Galaxy S(ギャラクシーS)とiPhone4(アイフォン4)に搭載されたAPも同様の骨組みで作られた製品であるため、前例がないわけでもない。

iPad3(アイパッド3)の重要な役割を果たすiPad3CPUつまり、アプリケーションプロセッサ(AP)は、クワッドコア、ARM、Cortex A15アーキテクチャ、およびTSMCとサムスン電子を介して生産されることはほとんど確実と思われる。

残りの問題は、供給時期だ。業界では、ARM Cortex A15アーキテクチャを適用したAPが、早ければ2012年第1四半期にメーカーにサンプルが渡され、第2四半期から本格的に生産に入ると予想している。

このiPad3CPUつまり、アプリケーションプロセッサ(AP)供給時期によって、iPad3発売時期とiPad3発売日が確定されるものと見られている。

iPad5最新情報

 

iPad Mini2最新情報

 

iPadアプリ

 

新しいiPad(New iPad)情報

 

iPad3(アイパッド3)情報

 

iPad Mini(アイパッドミニ)情報

 

iPad2(アイパッド2)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipad2japan.blog60.fc2.com/tb.php/133-e1a175c5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。