--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad 2(アイパッド2)販売 不振、日本地震と関係ない?iPad 2(アイパッド2)の販売 不振の原因は?

2011年04月23日 08:11

iPad 2(アイパッド2)の販売 不振の原因は、製造上の問題?
iPad 2(アイパッド2)の販売 不振の原因は、日本地震と関係ない?


Apple(アップル)がiPad 2(アイパッド2)の生産過程で、LCDの品質などの苦労を経験しているという主張が出てきた。

iPad 2(アイパッド2)の販売不振、日本と関係ない? 
iPad 2(アイパッド2)の販売 不振、日本地震と関係ない?

このため、需要が急増しているにもかかわらず、第1四半期のiPad 2(アイパッド2)販売台数が予想を下回ったという分析だ。

ウォールストリートジャーナルなど米主要メディアは、調査機関のIHSアイサプライの報告書を引用してこのように報じた。

IHSアイサプライは、特にこのようなiPad 2(アイパッド2)の製造上の問題を考えると、今年のiPad 2(アイパッド2)の販売台数予想を従来の4千370万台から3千970万台に減らした。

Apple(アップル)が経験している製造上の隘路は、LCDパネルの品質への懸念、新しいスピーカーの生産の不足などであることが分かった。

iPad 2画像(アイパッド2画像) 
iPad 2画像(アイパッド2画像)


しかし、iPad 2(アイパッド2)の販売 不振の原因は、先月発生した日本の地震と津波とは関係がないとIHSアイサプライ社は明らかにした。

Apple(アップル)の場合、日本の地域で発生する可能性のある部品の供給に支障の競合他社よりもはるかに積極的に対処してきたことが分かった。

日本地震の後すぐに、アジアにあるApple(アップル)の役員たちが部品供給業者を訪問して単価を上げるなどの方法で、今年のiPad 2(アイパッド2)の生産計画に合わせて部品を供給するようにしたという。

問題は、第1四半期のiPad 2(アイパッド2)の供給不足量を補うだけ、第2四半期に生産を増やすことができるように部品を十分に確保することができるかは未知数だという点だ。

IHSアイサプライ社が年間販売予想値を下げたのもこの点だ。
 

iPad 2画像(アイパッド2画像) 
iPad 2画像(アイパッド2画像)


IHSアイサプライ社はまた、来年までに市場の半分以上のiPad 2(アイパッド2)が占めるわけだが、2013年からは、iPad(アイパッド)とiPad 2(アイパッド2)のシェアが50%以下に低下するとの見通しを示した。

一方、Apple(アップル)は今月20日の実績を発表し、3月26日に終了したApple(アップル)の会計年度第2四半期に470万台のiPad(アイパッド)を販売したと明らかにしたことがある。

これは、600万台を少し超えると予想した専門家たちの予想を下回るものだった。

iPad5最新情報

 

iPad Mini2最新情報

 

iPadアプリ

 

新しいiPad(New iPad)情報

 

iPad3(アイパッド3)情報

 

iPad Mini(アイパッドミニ)情報

 

iPad2(アイパッド2)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipad2japan.blog60.fc2.com/tb.php/15-651aa3d6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。