--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいiPad不具合、Appleの新しいiPad発熱問題を発見?

2012年03月23日 21:15

新しいiPad不具合、Appleの新しいiPad発熱問題を発見?
新しいiPad発熱問題(過熱問題)、
Apple側、35度超えると危険メッセージ、または自動的にオフになるように設計!
新しいiPad不具合、Appleの新しいiPad発熱問題を発見?1 
新しいiPad不具合、Appleの新しいiPad発熱問題を発見?

販売好調を見せているAppleの新しいiPadに発熱問題が発生した。

ロイター通信とEngadgetなど海外のメディアは、新しいiPadでゲームをするときに、iPad2に比べて温度が高く上昇する現象が現れたと報じた。

情報技術(IT)の専門メディアであるEngadgetは、ドイツのTweakersの実験結果を引用して、新しいiPadグラフィックス性能のテストを5分ほど行った結果、iPad2よりも温度が5度ほど上昇したと伝えた。

米国のConsumer Reportsも新しいiPad発熱問題と関連してすぐに調査に乗り出し、新しいiPadで45分間ゲームを動作させた時の温度は47度、既存の製品iPad2を同様の条件で使用する時よりも7度程度高かったと発表した。

新しいiPad不具合、Appleの新しいiPad発熱問題を発見?2
Appleの新しいiPadに発熱問題が発生
新しいiPad不具合、新しいiPadグラフィックス性能のテスト結果、iPad2よりも温度が5度ほど上昇

米国の代表的な消費者専門誌Consumer Reportsは、新しいiPadを長時間使用時、製品温度が摂氏46.7度まで上がる"と報道した。

新しいiPadを電源に接続してInfinity Blade II(インフィニティブレード2)ゲームを45分行った調査結果である。

これは、既存のiPad2より約7.3度の高い数値である。

Consumer Reports(コンシューマーリポート)は、 "以前のノートパソコンの実験で、温度が48.9度まで上がった製品に火傷を負ったケースがある"とし、 "今後も新しいiPad発熱問題を調査する"と付け加えた。

Apple側は "新しいiPadは熱設計の範囲内で動作している"と釈明した。

新しいiPad不具合、Appleの新しいiPad発熱問題を発見?3
Apple側、35度超えると危険メッセージ、または自動的にオフになるように設計
新しいiPadの発熱問題(過熱問題)が気になったらAppleCareサービスに加入をおすすめ

また、新しいiPadの発熱問題(過熱問題)が気になったら保証プログラムAppleCare(アップルケア)サービスに加入するように勧めた。

Appleホームページにも "新しいiPadの適正使用温度帯域は摂氏0~35℃で内部温度がこれを超えると、危険のメッセージ、自動的にオフになるように設計した"と書かれている。

現在、新しいiPadは発売以来、300万台以上が売れている。

iPad5最新情報

 

iPad Mini2最新情報

 

iPadアプリ

 

新しいiPad(New iPad)情報

 

iPad3(アイパッド3)情報

 

iPad Mini(アイパッドミニ)情報

 

iPad2(アイパッド2)最新情報

 



コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ipad2japan.blog60.fc2.com/tb.php/168-b6d3476d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。