--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいiPadのApple A5チップ、2012年産iPad2にも搭載?性能向上と消費電力が低減!

2012年04月15日 08:18

新しいiPadのApple A5チップ、2012年産iPad2にも搭載?性能向上と消費電力が低減!
2012年産iPad2に新しいiPadの新しいApple A5チップが搭載!性能向上と消費電力が低減!
新しいiPadのApple A5チップ、2012年産iPad2にも搭載?性能向上と消費電力が低減!1 
新しいiPadのApple A5チップ、2012年産iPad2にも搭載?性能向上と消費電力が低減!

アップル社の次世代タブレットPCである新しいiPad発売と一緒に前作のiPad2(アイパッド2)にも変化があった。

iPad2価格だけが安くなったのではなく、搭載されたCPUの交換もあったことが報じられた。

現在、新しいiPadと一緒に販売されているiPad2は既存のA5を改善した新しいApple A5チップが搭載されたことが分かった。

海外IT専門媒体The Next webはAnandtechのレポートを引用し、新しいiPadとほぼ同じ時期に発売が行われた2012年産iPad2には新たに設計されたApple A5チップが搭載されたと報道した。

また、新たに設計されたApple A5チップはApple TVにも搭載された。

Chipworksのチップ解剖の専門家は、プロセスをより正確にして製作したシングルコアのApple A5チップが搭載されたと発表した。

新しいiPadのApple A5チップ、2012年産iPad2にも搭載?性能向上と消費電力が低減!2
iPhone4Sと旧iPad2に搭載された45㎚プロセスのApple A5チップ画像(左)
新しいiPadと2012年産iPad2に搭載された32㎚プロセスの新しいApple A5チップ画像(右)

既存のiPad2(アイパッド2)に搭載されたApple A5チップは45ナノメートル(㎚)工程で製造されたデュアルコアプロセッサだ。

iPhone4S(アイフォン4S)にもこの45ナノメートル(㎚)のApple A5チップが装着された。

新しいiPadと一緒に発売になったiPad2(アイパッド2)に搭載されたApple A5チップは32㎚プロセスで製造されたため、既存の旧A5チップより、消費電力が少なく、性能も優れている。

新しいiPadのApple A5チップ、2012年産iPad2にも搭載?性能向上と消費電力が低減!3
新しいiPadだけではなく、iPad2も新しいiPad2になった

サイズも小さいのでスペースに制約も少ない。新しいA5チップは、サムスン電子の32㎚HKMG(High-K metal Gate)プロセスで製作された。

半導体で発生するリーク電流を解決してくれるので、低消費電力設計が可能であるとサムスン電子側は説明した。

Galaxy S3(ギャラクシーS3)に搭載されると予想されるAP(Application Processor)のExynos4412(エクシノス4412)もこの工程で製造された。

アップル社は、多様なポートフォリオを前面に出したサムスン電子とは異なり、既存の製品をアップグレードして再発売しているため、今後、Apple(アップル)のこの戦略がタブレットPC市場にどのような影響を与えるかが観戦ポイントだ。

iPad5最新情報

 

iPad Mini2最新情報

 

iPadアプリ

 

新しいiPad(New iPad)情報

 

iPad3(アイパッド3)情報

 

iPad Mini(アイパッドミニ)情報

 

iPad2(アイパッド2)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipad2japan.blog60.fc2.com/tb.php/177-e6626bc4
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。