--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad2(アイパッド2)購入、iPad2(アイパッド2)を購入する場合、免税店を狙え?

2011年05月18日 08:33

iPad2(アイパッド2)の品薄状態!iPad2(アイパッド2)購入、免税店に注目?

Apple(アップル)のiPad2(アイパッド2)品薄状態が二ヶ月近く続く中、消費者が空港の免税店の販売分を確保するために競争を行う状況が起こっている。


iPad2(アイパッド2)を購入する場合、免税店を狙え?1 
iPad2(アイパッド2)を購入する場合、免税店を狙え?


一般的な通信店舗の物量不足に、免税店で購入すると、税制上の優遇までに与えられるため、競争が熾烈だ。

iPad2(アイパッド2)を販売している韓国の免税店は、仁川(インチョン)空港の免税店が唯一だ。

免税店の特性上、iPad2(アイパッド2)3G以外の無線LAN製品のみを扱っている。

ロッテ免税店は、iPad2(アイパッド2)の最初の販売日である7日と13日に容量別に商品をディスプレイ後、1〜2時間ぶりに全製品を売った。

このような販売実績は、免税店を利用する場合、税金免除の恩恵を受けることができるという点も一役した。

iPad2(アイパッド2)を購入する場合、免税店を狙え?2 
iPad2画像(アイパッド2画像)

無線LAN iPad2(アイパッド2)の16ギガバイト(GB)の場合は、Apple(アップル)のオンラインストアでは64万ウォン(約4万8千円)で買うことができるのに、免税店では58万ウォン(約4万3千500円)水準で入手可能である。

免税店専用のVIPカードを使って購入する場合は、1万ウォン(約750円)ほどの追加の割引を受けることができる。

このような情報は、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)などのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)とオンラインコミュニティカフェを使って迅速に伝達された。

このような価格競争力のおかげで、免税店の売り場には、毎日、商品の在庫を確認する電話が数十件も来ている。

仁川(インチョン)空港の免税店でのiPad2(アイパッド2)店舗の職員は"税金免除の恩恵のせいか、大容量(64GB)の製品を優先的に32GB - 16GBの順にiPad2(アイパッド2)が入って来る次第、すぐに売れていく"とし、

"毎日、数十件も在庫を聞いてくる電話を受けているうえに、出国当日iPad2(アイパッド2)の在庫確認を何回も確認するお客様のために営業に支障を受けるほどだ"と伝えた。

しかし、供給量は、現在のApple Store(アップルストア)店舗の平均保有量200〜400台に達していない40台前後の水準だ。

タイミングと運が続かない限り、iPad2(アイパッド2)購入は、空港の免税店でも難しい状況だ。
 
iPad2(アイパッド2)を購入する場合、免税店を狙え?3 
iPad2画像(アイパッド2画像)

一方、外信は、Apple(アップル)iPad2(アイパッド2)の品薄状態について、日本の大地震の影響で、業界全体の部品の需給が円滑でないうえ、Foxconn(フォックスコン)の工場の労働力不足まで重なり、このような現象が長期化するとの見通しを示した。

iPad5最新情報

 

iPad Mini2最新情報

 

iPadアプリ

 

新しいiPad(New iPad)情報

 

iPad3(アイパッド3)情報

 

iPad Mini(アイパッドミニ)情報

 

iPad2(アイパッド2)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipad2japan.blog60.fc2.com/tb.php/27-824cec9e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。