--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad2(アイパッド2)アクセサリーが増えている理由は?(iPad2(アイパッド2)のアクセサリーや周辺機器の情報と動向)

2011年05月28日 06:49

iPad2(アイパッド2)アクセサリーが増えている理由?
消費者たちが追求するiPad2(アイパッド2)のアクセサリーは?

タブレットPC(Tablet PC)の代名詞のように思われているApple(アップル)のiPad2(アイパッド2)の人気が続いている中で、自然にiPad2(アイパッド2)の周辺機器やアクセサリーについての関心が高まっている。

iPad2(アイパッド2)アクセサリーが増えている理由は? (iPad2(アイパッド2)のアクセサリーや周辺機器の情報と動向)1
iPad2(アイパッド2)のアクセサリーや周辺機器の情報と動向


消費者はどのようなiPad2(アイパッド2)の周辺機器やアクセサリーを探しているか?

オンラインショップの担当者たちから最近注目されるiPad2(アイパッド2)アクセサリーや周辺機器について調べてみた。


iPad2(アイパッド2)アクセサリーや周辺機器を選ぶのキーワードは、
スマートカバー(Smart Cover)、革、アイデア?


iPad2(アイパッド2)アクセサリーが増えている理由は? (iPad2(アイパッド2)のアクセサリーや周辺機器の情報と動向)2
iPad2(アイパッド2)アクセサリースマートカバー(Smart Cover)

iPad2(アイパッド2)のアクセサリーの市場は、自動的に電源を切ってつけることができるApple(アップル)の自主制作スマートカバー(Smart Cover)がほぼ同時に発売され、大きな打撃を受けるのではないかという懸念をしていた。

しかし、スマートカバー(Smart Cover)は、iPhone4(アイフォン4)と一緒に登場した公式のバンパー(Bumper)のように、有料のバンドルアクセサリー以上ではなかったという判断の下、アクセサリー企業はバタバタとiPad2(アイパッド2)のケースの発売を開始した。

オンラインショップの担当者たちは、"既存のiPad(アイパッド)ケースの大きな特徴は、取付けが可能だという点だった"とし、 "多くの企業が既存の製品のまま​​iPad2(アイパッド2)の規格に合わせてダウンサイジングして、使用時間を拡張することができる、スマートカバー(Smart Cover)の機能を含めて発売している"と、最近の流れを説明した。

iPad2(アイパッド2)アクセサリーが増えている理由は?
一方、iPhone(アイフォン)、iPad2(アイパッド2)に関連するアクセサリーアイテムが最近になって急激に増えている傾向の分析もある。

iPad2(アイパッド2)アクセサリーが増えている理由は? (iPad2(アイパッド2)のアクセサリーや周辺機器の情報と動向)3
iPad2(アイパッド2)アクセサリーが増えている理由?

あるタブレットPC(Tablet PC)業界の関係者は"場合によっては、Apple(アップル)が独善的で一方的だと思うほどに強気の経営方針のために批判を受けるのは事実"とし "製品パッケージに雑多なアクセサリ製品を含んでいないで、Apple(アップル)のイメージは維持しながら、必要な周辺機器は、他の会社が制作することにして、国内外のアクセサリー市場を育てている"と肯定的に評価した。

タブレットPC(Tablet PC)業界の関係者はアクセサリーの製品が乱立するのではないかという意見には、"必要な需要よりも供給量が増え、価格が低くなっている傾向にあり、企業間の談合がない場合は、消費者が損することはない"と伝えた。

また、"過熱競争は、マーケティングや付帯費用を消費者に転嫁しようとする動きに発展することもある"と慎重に懸念の意を明らかにした。

iPad5最新情報

 

iPad Mini2最新情報

 

iPadアプリ

 

新しいiPad(New iPad)情報

 

iPad3(アイパッド3)情報

 

iPad Mini(アイパッドミニ)情報

 

iPad2(アイパッド2)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipad2japan.blog60.fc2.com/tb.php/32-e13e6a4b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。