--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad2(アイパッド2)仕様(スペック機能):破格の価格発売!アイパッド2(iPad2)の仕様(スペック機能)分析!

2011年04月01日 09:00

25日、世界中で発売されたiPad2(アイパッド2)、449ドルという破格的な価格で発売されたが、 iPad2(アイパッド2)の仕様及び、スペックと機能は、驚くばかりだ。

 
iPad2(アイパッド2)仕様(スペック機能):破格の価格発売!1 
iPad2(アイパッド2)仕様(スペック機能)画像


今回発売されたiPad2(アイパッド2)の仕様(スペック機能)の最も大きな特徴は、薄くて軽いデザイン。

既存のiPad(アイパッド)よりも厚さも従来の13.4㎜から8.8㎜に薄くなっていた。スティーブジョブズCEOは、"iPad2(アイパッド2)は、皆さんが持っているiPhone4(アイフォン4)よりも薄い"と説明した。

iPad2(アイパッド2)は、iPhone4(アイフォン4)(9.3㎜)よりも0.5㎜薄い。重さも約589gと90gほど減った。

iPad(アイパッド)よりも駆動速度も2倍ほど速くなった。 1.2㎓デュアルコアプロセッサ『A5』を搭載したからだ。

実質的なグラフィック処理の速度は9倍以上速くなったというのが、アップル(Apple)の説明だ。


iPad2(アイパッド2)仕様(スペック機能):破格の価格発売!4 
iPad2(アイパッド2)A5チップ画像


iPad(アイパッド)より一段立ち上がったiPad2(アイパッド2)の仕様(スペック機能)である。

新しく公開されたオペレーティングシステム(OS)、アップル(Apple)のiOS 4.3も関心を集めた。

PCのコンテンツをiPod(アイポッド)、iPhone(アイフォン)、iPad(アイパッド)などでワイヤレスで共有して再生することができる『iTunesホームバランシェリング』の機能がその特徴である。

HDMI端子を介して他の機器に接続して再生することができるという点も注目を浴びた。

プレゼンテーションなど、企業向けに書くことができる余地がさらに大きくなったという期待感が一部出ている。

iPad2(アイパッド2)のブラックとホワイトの製品が発売されるというのも、消費者のテイストを引っ張っている。

iPhone4ホワイト(アイフォン4ホワイト)製品の発売がずっと遅くなっているからだ。

 
iPad2(アイパッド2)仕様(スペック機能):破格の価格発売!2 
iPad2(アイパッド2)とiPad(アイパッド)比較画像


ただし、まず発売対象国に日本が含まれていないということは、国内の消費者を失望させている。

11日、米国を始めとするその他の26カ国は25日からiPad2(アイパッド2)が発売されたが、今回も含まれていない。

iPad2(アイパッド2)の価格は499ドルからだ。 Wi - Fi専用の製品は、16GB、32GB、64GB、それぞれ499ドル、599ドル、699ドルだ。 3Gモデルはそれぞれ629ドル、729ドル、829ドルだ。
 
iPad2(アイパッド2)仕様(スペック機能):破格の価格発売!3 
iPad2(アイパッド2)はiPad(アイパッド)より厚さも従来の13.4㎜から8.8㎜に薄くなった。


スティーブジョブズCEO(最高経営責任者)は、"iPad(アイパッド)は、昨年4〜12月9ヶ月の間に1500万台以上販売された"とし、"今年はiPad2(アイパッド2)の年になるだろう"と自信を見せた。

膵臓癌と肝移植手術を受けたスティーブジョブズCEOは、1月の第3病気休暇を出したし 、先月23日、米カリフォルニア州クパチーノの本社で開かれた株主総会には出席しなかった。

スティーブジョブズCEOは病気休暇中にもiPad2(アイパッド2)の開発に深く関与したことが知られている。

iPad5最新情報

 

iPad Mini2最新情報

 

iPadアプリ

 

新しいiPad(New iPad)情報

 

iPad3(アイパッド3)情報

 

iPad Mini(アイパッドミニ)情報

 

iPad2(アイパッド2)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipad2japan.blog60.fc2.com/tb.php/4-1bae3f06
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。