--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad2評価&感想&使用感レビュー(アイパッド2評価&感想&使用感レビュー)、iPad2(アイパッド2)とiPad1(アイパッド1)機能性能比較!

2011年04月03日 09:00

iPad2レビュー(アイパッド2レビュー):薄くなり、スピードアップしたが、重さは?
iPad2(アイパッド2)とiPad1(アイパッド1)機能性能比較レビュー
(iPad2評価&感想&使用感レビュー(アイパッド2評価&感想&使用感レビュー)

発売するやいなや、世界中で旋風的な人気を呼んで一週間ぶりに100万台が売れたというiPad2(アイパッド2)。

iPad2(アイパッド2)は、iPad1(アイパッド1)に比べてどのように進化したのだろうか?
iPad1(アイパッド1)とiPad2(アイパッド2)の機能と性能の比較レビュー!


iPad2評価&感想&使用感レビュー(アイパッド2評価&感想&使用感レビュー)1
iPad2画像(アイパッド2画像)


iPad2(アイパッド2)を一時間ほど使ってみた感想は薄くなり、スピードアップしたが、重さは思ったほど軽くない。

確かに、パフォーマンスの面で多くの部分が改善され、新しい機能も追加されたが、大きな感動を受けることができなかった。

"iPad1(アイパッド1)が革新的な製品だとしたら、iPad2(アイパッド2)は、進化した製品の程度"が総合的な評価だ。

まず、iPad2(アイパッド2)を初めて見たときに薄くなったの厚さが目に入る。

iPad1(アイパッド1)は13.3mm、iPad2(アイパッド2)は8.8mmで1 / 3ほども薄くなって確実にスリムな印象を与える。

特にiPad1(アイパッド1)の裏面が円形に比べてiPad2(アイパッド2)は、角部があり、安定感がありグリップ感も悪くない方だ。

iPad2評価&感想&使用感レビュー(アイパッド2評価&感想&使用感レビュー)2 
iPad2とケース画像(アイパッド2とケース画像)

また、iPad2(アイパッド2)画面の明るさがより明るくなった。両製品の最大の明るさに設定し、照明がない所で見ると、明るさの違いは、より明確に確認することができる。

Webブラウザやアプリケーションの動作速度も、既存のiPad1(アイパッド1)と比較して速くなった。

iPad1(アイパッド1)とiPad2(アイパッド2)を並べて、ブラウザを駆動してみるとiPad1(アイパッド1)は、画像が含まれているコンテンツなどが開かれるのに少し時間がかかるのに比べてiPad2(アイパッド2)は、快適かつ迅速に行われる。

また、起動時間もiPad1(アイパッド1)に比較して3〜4秒短縮された。


iPad2(アイパッド2)のもう一つの変化は、前、後に装着されたカメラだ。

これにより、ビデオ通話(フェースタイム)を提供している点は、iPad1(アイパッド1)との差別化された魅力的に作用する見通しだ。


iPad2評価&感想&使用感レビュー(アイパッド2評価&感想&使用感レビュー)3 
iPad2とiPad1外観比較画像(アイパッド2とアイパッド1外観比較画像)

一方、2台のカメラで撮影できる写真の解像度は非常に低く、カメラとしての利用率は高くないと思われる。

Apple(アップル)がカメラのメガピクセルの数値を開示してないのも、こうした理由で判断される。

ミラーリングのHDMIをサポートしている点も注目すべき、iPad2(アイパッド2)の長所である。

HDMIの技術は、ケーブルを利用して大画面につなぐことで、HDMIがゲームやビデオの程度可能であれば、ミラーリングのHDMIは、ビデオ通話、インターネットなど、すべての画面を大画面で再生することができる。

つまり、App Store(アップストア)多数App(アップ)をTVに接続して楽しむことができる。


iPad2(アイパッド2)評価&感想&使用感レビュー:


iPad2評価&感想&使用感レビュー(アイパッド2評価&感想&使用感レビュー)4


 
しかし、iPad2(アイパッド2)の重さは最も残念な部分だ。

iPad2(アイパッド2)は、iPad1(アイパッド1)に比べて90gほど減った。しかし、この程度の重量を減らすだけでは違いを体感するのは難しいだけでなく、どっしりとした感じは同じだ。

女性だけでなく男性にも、まだ片手で持ち上げるには負担になる。

革新的な面の不足はあるが、iPad2(アイパッド2)の波及効果は少なくないと思う。

iPad2(アイパッド2)は、日本国内発売を控えており、市場の先行獲得に乗り出す可能性が高いからだ。

(競合製品である三星(サムスン)電子のGALAXY Tab 10.1(ギャラクシータブ10.1)は日本発売予定である。)

また、価格競争力もiPad2(アイパッド2)の魅力の要因である。

iPad2(アイパッド2)価格は、前作発売当時と同じ499ドルから始まり、日本発売価格は、仕様に応じて、5万円〜からとなる予定である。

これにより、競合会社もiPad2(アイパッド2)の価格に追い付いて競争が激しくなる見通しだ。


iPad5最新情報

 

iPad Mini2最新情報

 

iPadアプリ

 

新しいiPad(New iPad)情報

 

iPad3(アイパッド3)情報

 

iPad Mini(アイパッドミニ)情報

 

iPad2(アイパッド2)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipad2japan.blog60.fc2.com/tb.php/5-5b84a12b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。