--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad2(アイパッド2)とiPad(アイパッド)、タブレットPCの市場占有率61.3%!

2011年07月22日 09:48

iPad2(アイパッド2)とiPad2(アイパッド2)タブレットPC市場占有率61.3%!
Android(アンドロイド)タブレットPCは市場占有率30.1%で猛追中!

iPad2(アイパッド2)とiPad(アイパッド)、タブレットPCの市場占有率61.3%!1 
iPad2(アイパッド2)とiPad(アイパッド)、タブレットPCの市場占有率61.3%!

第2四半期の世界のタブレットPC市場ではApple(アップル)のiPad(アイパッド)とiPad2(アイパッド2)が61.3%で好調を見せたことが分かった。

しかし、Android(アンドロイド)のタブレットPCの追撃が少なくないことが分かった。

特に、Microsoft(マイクロソフト)社のWindows(ウィンドウズ)をOS(オペレーティングシステム)として使うタブレットPCは、リサーチインモーション(RIM)のタブレットPCよりも売れていることが分かり、注目を集めた。

市場調査会社のストラテジーアナリティクス(Strategy Analytics)が調べて発表した資料によると、今年第2四半期の世界のタブレットPCの市場は1千510万台規模だった。

iPad(アイパッド)が出てきて、タブレットPCが注目を集め始めた昨年同期の350万台に比べて大幅に増えた。


iPad2(アイパッド2)とiPad(アイパッド)、タブレットPCの市場占有率61.3%!2 
iPad2(アイパッド2)とiPad(アイパッド)がタブレットPCの市場を半分以上占有した。


この中、Apple(アップル)が925万台のiPad(アイパッド)とiPad2(アイパッド2)を販売して61.3%の市場占有率を見せた。

Android(アンドロイド)をOS(オペレーティングシステム)に使うタブレットPCは、この期間中に455万台が売れ、市場占有率は30.1%だった。

Android(アンドロイド)タブレットPCの昨年第2四半期の市場占有率は2.9%だった。

Android(アンドロイド)タブレットPCが市場で徐々に広がっていることを意味する。

Microsoft(マイクロソフト)社がタブレットPCに特化されたWindows(ウィンドウズ)のオペレーティングシステムを発売してないが、Windows(ウィンドウズ)をオペレーティングシステムとして使うタブレットPCが相次いで出て市場占有率は4.6%に達した。

QNXのオペレーティングシステムとして使うリサーチインモーション(RIM)のタブレットPC"BlackBerry PlayBook(ブラックベリープレイブック)"は、Windows(ウィンドウズ)のタブレットPCよりも少ない3.3%の市場占有率だった。

iPad5最新情報

 

iPad Mini2最新情報

 

iPadアプリ

 

新しいiPad(New iPad)情報

 

iPad3(アイパッド3)情報

 

iPad Mini(アイパッドミニ)情報

 

iPad2(アイパッド2)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipad2japan.blog60.fc2.com/tb.php/59-aacb9958
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。