--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad2販売、タブレットPC市場の68%を独占!Apple(アップル)iPad2(アイパッド2)にGoogle(グーグル)のAndroidタブレットPC惨敗!

2011年09月16日 09:57

 Apple(アップル)のiPad2販売、タブレットPC市場68%を独占!
iPad2(アイパッド2)930万台を出荷!前四半期に比べ65.7%増加!
Google(グーグル)のAndroidタブレットPCの出荷規模は、前四半期の34%から26.8%に減少!
IDC第2四半期の分析、タブレットPC販売1年間で300%急増!


iPad2販売、タブレットPC市場の68%を独占!Apple(アップル)iPad2(アイパッド2)にGoogle(グーグル)のAndroidタブレットPC惨敗!1 
iPad2販売、タブレットPC市場の68%を独占!Apple(アップル)iPad2(アイパッド2)にGoogle(グーグル)のAndroidタブレットPC惨敗!


Apple(アップル)のiPad2(アイパッド2)が2分期に世界タブレットPC販売の68%を占めたことが分かった。

急成長しているタブレットPC市場でApple(アップル)iPad2の独占力が強化されている。

サムスン電子など、Google(グーグル)AndroidタブレットPCは、むしろ後退していて、iPad2(アイパッド2)の強勢にリサーチインモーション(RIM)のタブレットPCプレイブック(Playbook)も力を発揮できずにいる。

Market Watcher(マーケットウォッチャー)によると、IT専門調査会社IDCが発表した第2四半期の世界のタブレットPCの販売台数は1360万台に達した。

これは、わずか1年前の同期間に比べてなんと300%も急増した規模だ。

IDCは、タブレットPCの今年の年間販売台数見通しを従来の5350万台から6250万台へと大幅に高めに設定した。


iPad2販売、タブレットPC市場の68%を独占!Apple(アップル)iPad2(アイパッド2)にGoogle(グーグル)のAndroidタブレットPC惨敗!3
Apple(アップル)iPad2(アイパッド2)にGoogle(グーグル)のAndroidタブレットPC惨敗!
Google(グーグル)AndroidタブレットPCすべてのメーカー占有率を合わせても28%


このように、タブレットPCの需要が急激に増加状況だが、市場における競争は、Apple(アップル)のiPad2(アイパッド2)のほうに急激に傾いている。

2四半期中Apple(アップル)が販売したiPad2(アイパッド2)は3ヶ月で930万台だった。

iPad2(アイパッド2)のタブレットPC市場全体の占有率も68.3%に達した。

一方、サムスン電子のGALAXY Tab(ギャラクシータブ)など、Google(グーグル)AndroidタブレットPCは、すべてのメーカー占有率を合わせても28%にすぎなかった。

Apple(アップル)のiPad2(アイパッド2)と比べるとあまりにもみすぼらしい市場占有率だ。

しかも、第1四半期の34%に比べて6%ポイントも墜落したの成績だった。

Google(グーグル)AndroidタブレットPCの不振は、QNXと呼ばれる新しいオペレーティングシステム(OS)を搭載し、この市場に初めて参入したRIM社に一定部分を奪われたせいだと見られる。

iPad2販売、タブレットPC市場の68%を独占!Apple(アップル)iPad2(アイパッド2)にGoogle(グーグル)のAndroidタブレットPC惨敗!2
AndroidタブレットPC、サーチインモーション(RIM)プレイブック(Playbook)


サーチインモーション(RIM)のタブレットPCプレイブック(Playbook)は、5%のシェア(市場占有率)を持っていった。

IDCは、これに伴い、Google(グーグル)Android(アンドロイド)タブレットPC市場で第3四半期もシェア(市場占有率)の低下は避けられないものだと第4四半期になってから徐々に反騰することができると見込んでいる。

IDCのアナリストは"今年の残りの期間中、Apple(アップル)社のiOSは、Google(グーグル)のAndroid(アンドロイド)を40%ポイント上回るものと見られるが、新製品が引き続き登場し、Apple(アップル)のiPad2(アイパッド2)シェアは50%水準に低下するだろう"と話した。

一方、Amazon(アマゾン)が販売するEブック(電子ブック)携帯用端末機キンドル(Kindle)は、Eブック(電子ブック)市場で最も高い51.7%のシェアを占めた。

ただしIDC社のアナリストは、"Amazon(アマゾン)がここで満足せず、Android(アンドロイド)を活用して、現在のEブック(電子ブック)コンテンツと連携したタブレットPCまで発売することを期待する"と展望した。

この場合、タブレットPC市場の競争はより激しくなるものと見られる。

iPad5最新情報

 

iPad Mini2最新情報

 

iPadアプリ

 

新しいiPad(New iPad)情報

 

iPad3(アイパッド3)情報

 

iPad Mini(アイパッドミニ)情報

 

iPad2(アイパッド2)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipad2japan.blog60.fc2.com/tb.php/84-052378fc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。