--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad3発売の準備中?Apple(アップル)iPad3発売のため、iPad2(アイパッド2)の生産量25%削減!

2011年09月28日 09:15

iPad3発売を準備中?iPad3(アイパッド3)、来年発売予定!
Apple(アップル)のiPad3発売のため、iPad2(アイパッド2)4/4四半期の生産量25%削減!

iPad3発売の準備中?Apple(アップル)iPad3発売のため、iPad2(アイパッド2)の生産量25%削減!1 
iPad3発売の準備中?Apple(アップル)iPad3発売のため、iPad2(アイパッド2)の生産量25%削減!

Apple(アップル)が第4四半期にiPad2(アイパッド2)の生産量を25%削減することと知られた。

一部では来年初め、iPad3発売のためにすでにiPad2(アイパッド2)在庫量の調整に乗り出したのではないかという分析も出ている。

Forbes(フォーブス)など外信は、投資銀行J.P.Morgan(JPモルガン・チェース)報告書を引用し、Apple(アップル)が第4四半期のiPad2(アイパッド2)生産に必要な部品の注文量を25%程度減らしたと報道した。

J.P.Morgan(JPモルガン・チェース)の香港オフィスは、Apple社のiPad用の部品を納品する業者を介してこのような事実を確認した。

これに伴い、Hon Hai(ホンハイ)の場合、第3四半期にiPad2を1700万台生産したが、第4四半期には1300万台に生産台数が減ると予想された。

Hon Hai(ホンハイ)はiPad2など、Appleの製品を受託製造工程の中国フォックスコン(Foxconn)の親会社だ。

これまで、iPad2は、Apple(アップル)社の人気商品だったという点で、生産量の削減は異例なことだ。
 
iPad3発売の準備中?Apple(アップル)iPad3発売のため、iPad2(アイパッド2)の生産量25%削減!2
iPad2生産量25%削減!


このような措置についての解釈は2つに分けられる。

最近のヨーロッパ発の財政危機に応じて、iPad2(アイパッド2)の需要が減るとみて生産量を減らすということと、来年初めに予定されたiPad3発売を控えての在庫調整に入ったという意見が対立している。

部品業界によると、Apple(アップル)は、iPad3(アイパッド3)の前作に搭載された"XGA(1024 × 768)級のLCD(液晶表示装置)よりも解像度が二倍の"QXGA(2048 × 1536)"を適用することにし、部品の需給に着手した。

QXGAの解像度は、超高画質(フルHD)画像や動画コンテンツを品質を損なうことなく見ることができる技術である。

画質の小型であることを示す1インチあたりのピクセル数(ppi)は264だ。

人間の網膜に認識できる限界であるRetinaディスプレイ(300ppi以上)に迫る数値だ。

画面サイズは9.7インチで変化がないと伝えられた。

一方、Apple(アップル)がiPad2(アイパッド2)の生産量を削減するという噂がデマに過ぎないという主張も少なくない。


iPad3発売の準備中?Apple(アップル)iPad3発売のため、iPad2(アイパッド2)の生産量25%削減!3
iPad3画像(アイパッド3画像)

Susquehannaフィナンシャルグループのアナリスト、クリスカーソは"現在、Apple(アップル)iPad2(アイパッド2)の供給量は今も高い水準であり、生産を減らすということは間違って知られたもの"とし、"稼働率は依然として高い"と指摘した。

特に彼は、"第3四半期の生産量が1700万〜1900万と高く、十分な在庫確保がなされて第4四半期に1100万〜1300万個で、多少減らすことだけで、出荷の削減とは関係ない"と反論した。

iPad5最新情報

 

iPad Mini2最新情報

 

iPadアプリ

 

新しいiPad(New iPad)情報

 

iPad3(アイパッド3)情報

 

iPad Mini(アイパッドミニ)情報

 

iPad2(アイパッド2)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ipad2japan.blog60.fc2.com/tb.php/89-fc723318
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。